輝く未来をクリエイト 業務内容 Business outline

ホーム業務内容>ナローマルチビーム

ナローマルチビーム

当社は創業以来、50年間、「海」「湖」の事業に力を入れており、東日本大震災後には、当社の水底を測る技術を活用し、防波堤消波ブロックの飛散状況調査や、がれき調査などを行い、復興に貢献しました。福島県内での「海」「湖」に関する調査測量設計においてはトップを走り続けています。

ナローマルチビーム

ナロー(細かい)マルチ(複数の)ビームによる測深が名前の由来であり、この機器は、水底の起伏地形を面的に測量するもので、音響ビームを送信する送波器、受信機、GNSS、船体動揺センサー等で構成されています。得られたデジタルデータを計算処理することで水深のほか、空中写真のように精密な水底の起伏地形を測ることができます。

ページ上部へ
ナローマルチビームの特長 ~面的な測量のため詳細かつ効率的な調査が可能~

■線ではなく面で捉えることにより、短時間で詳細かつ完全な水底地形の取得が可能です。

▶シングルビーム「線測量」
矢印部分の測深データのみで、矢印間の地形は想定

▶マルチビーム「面測量」
面的に計測することで正確な地形を把握

[シングルビームとマルチビームの比較]
シングルマルチ
測量イメージ比較
成果比較

■取得したデータをもとに様々な高精度の図面作成が可能です。
(等深線図、水深図、3D水底地形図、鯨瞰図)

■平面スライス法、メッシュ法、平均断面図法など、あらゆる方法で高精度な容量及び土量計算が可能です。

秋元湖測深図(写真提供:国土地理院)
秋元湖3D湖底地形図
ページ上部へ
当社での活用事例

■浚渫工事測量(小名浜港) ■ダムの堆砂測量(堀川ダム、摺上川ダム、高柴ダムなど)
■航路の現況測量(小名浜港三崎)   ■防波堤根固ブロック飛散状況調査(中之作港)

ページ上部へ