輝く未来をクリエイト

業務内容 -Business outline-
ホーム業務内容>マルチビーム深浅測量

マルチビーム深浅測量

マルチビーム深浅測量とは

マルチビーム深浅測量とは、マルチビーム測深機を使った測量です。
マルチビーム測深機は水底の起伏地形を面的に測量する最新機器で、音響データを送受する送波器、受信機、GPS、船体動揺センサー等で構成されています。得られたデジタルデータを計算処理することで水深ほか、空中写真のような精密な水底の起伏地形を測ることができます。
それをもとにして、等深線図、水深図、3D水底地形図、さらには鯨瞰図の作成が可能になりました。

マルチビーム深浅測量 ページ上部へ
マルチビーム深浅測量の特徴 ~面的な測量のため詳細かつ効率的な調査が可能~

■詳細かつ完全な水底地形の取得が可能です。
■データをもとに様々な高精度の図面作成が可能です。 (等深線図、水深図、3D水底地形図、鯨瞰図)
■平面スライス法、メッシュ法、平均断面法等、あらゆる方法で高精度な容量及び土量計算が可能です。

特徴
ページ上部へ
弊社での活用事例

■堀川ダムの堆砂測量 ■摺上川ダムの堆砂測量 ■四時ダムの堆砂測量
■小名浜港三崎航路の現況測量 ■中之作港南防波堤根固ブロック飛散状況調査

ページ上部へ