海洋GIS

今後の展望 -Future propeccts-
ホーム>海洋GIS
海洋GISとは

 東日本建設コンサルタントは、だれもがいつでもアクセスできる地理空間情報システムの開発に着手しています。
 海の情報を集め更新していくことで、信頼できる情報基盤とし、海と地域の人々を深く結びつけ、安心で豊かに過ごせるより良い未来を描いていきます。

アセットマネジメント

 施設の将来的な損傷・劣化を予測・把握し、最も費用対効果の高い維持管理をするアセットマネジメントへ応用します。

安全な航海のために

 海の状況を反映した海図と航行状況を瞬時に照らし合わせることで、安全な航海に役立てます。

災害対策のための情報共有

 ハザードマップ作成のための基礎情報として活用します。また、多重防護による災害対策のため、施設の計画段階から情報共有を行います。

資源の情報管理

 海底資源や水産資源の情報を一元管理できるようにし、海洋資源のより良い利活用につなげます。

海岸・港湾台帳
施設の概要や状況、整備履歴等の管理・情報提供を行います。
海象・気象情報
海上の風、波の状態、潮流や海流を把握し、航海や発電などに役立てます。
海図
航海や海洋開発に必要な、水深・底質・海岸地形・障害物・航路標識などを表現します。
海底3D地形図
超音波を使って取得した海底地形データで詳細な3次元CGを作成します。