住み良い街づくりのために 会社案内 Company profile

ホーム>沿革

沿革

時期
会社の歩み
社会情勢
2018年
平成30年
茨城支店開設
フィギュアスケート羽生結弦選手、66年ぶり五輪連覇
第8回太平洋・島サミット開催(会場:いわき市)
2017年
平成29年
いわき市女性活躍推進企業認証取得
地上レーザースキャナ導入
陸上100m桐生祥秀選手、日本人初の9秒台
上野動物園でパンダ誕生
2016年
平成28年
資本金 5,000万円に増資
福島県次世代育成支援企業 「働く女性応援」中小企業認証取得
UAV(ドローン)導入
いわき市市制施行50周年
熊本地震
2015年
平成27年
株式会社東日本建設コンサルタントに社名変更
創立50周年記念式典開催
会社の新ロゴマーク決定
常磐自動車道全線開通
第7回太平洋・島サミット開催(会場:いわき市)
2014年
平成26年
ナローマルチビーム測深機導入
消費税8%に引き上げ
2012年
平成24年
相双支店開設
東京スカイツリー開業
2011年
平成23年
大震災により社屋及びインフラに大規模被害
東日本大震災
東京電力福島第一原発事故発生
2009年
平成21年
福島県次世代育成支援企業 「仕事と生活の調和」推進企業認証取得
裁判員制度導入
2005年
平成17年
創立40周年記念事業実施
日本国際博覧会(愛知万博)開催
2004年
平成16年
セントラルコピーステーションを統合
新潟県中越地震
1999年
平成11年
本社社屋増築
いわき市「中核市」に移行
1997年
平成9年
白河営業所が支店に昇格
セントラルコピーステーション福島支店開設
セントラルコピーステーション本店を自社ビルに移転
消費税5%に引き上げ
磐越自動車道全線開通
1995年
平成7年
創立30周年記念式典開催
阪神・淡路大震災
地下鉄サリン事件
ふくしま国体開催
1994年
平成6年
補償コンサルタント業登録
松本サリン事件
JR常磐線「平駅」から「いわき駅」に駅名変更
1993年
平成5年
建設コンサルタント業登録
福島空港開港
1992年
平成4年
資本金 1,000万円に増資
東海道新幹線「のぞみ」運転開始
1988年
昭和63年
資本金 900万円に増資
青函トンネル開通
1987年
昭和62年
トータルステーション導入
国鉄民営化
1985年
昭和60年
創立20周年記念大運動会開催
国際科学技術博覧会(つくば万博)開催
日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故
1984年
昭和59年
白河営業所増築
日本が世界一の長寿国となる
1982年
昭和57年
GPS測量機導入
500円硬貨発行
1981年
昭和56年
白河営業所開設
常用漢字表の制定
1980年
昭和55年
資本金 600万円に増資
イラン・イラク戦争勃発
1979年
昭和54年
いわき市平にセントラルコピーステーション設立
スリーマイル島原発事故発生
第二次オイルショック
1977年
昭和52年
資本金 300万円に増資
王貞治氏がホームラン世界記録を達成し
初の国民栄誉賞を受賞
1976年
昭和51年
設計業務受注始まる
常磐炭鉱閉山
1973年
昭和48年
いわき市植田町林内に事務所移転
第一次オイルショック
1968年
昭和43年
いわき市錦町大島に事務所移転
小笠原諸島返還
1966年
昭和41年
昭和41年9月26日いわき市平において資本金100万円にて設立
いわき市誕生
ページ上部へ